Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2013年の秋色

ちょっと前からブログ辞めたん?と聞いていただくことがあり。

いやいや辞めたわけちゃうねんけど、更新ができてないねん。



そんなことが重なり自分で見てみてびっくり。
まる一年ほったらかしてるやん。

こんなことでは、ジョンちゃんに申し訳ないので、ちょっと再開してみる。


いつまで続くか。。。




さてさて昨年の秋に撮ってた、我が家の近所の紅葉。



近所の大学の銀杏並木

工繊の銀杏2013

ここは毎年綺麗でくさい(笑)



手軽に足を伸ばした気になる宝ヶ池公園

宝ヶ池紅葉2013
宝ヶ池紅葉2013-2
宝ヶ池紅葉2013-3


再び帰り道でみた近所の大学のドウダンつつじ
この年は割と綺麗だった。

宝ヶ池紅葉2014-4



あたしのお気に入りの写真

へへへ楽しいな2013秋


再開手始めに撮りためてた写真を羅列してみた。

スポンサーサイト
  1. 2014/12/03(水) 11:08:39|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

奥飛騨旅行

翔の話より旅行記の方が多いブログ。



今回はすっかり恒例になりつつある、実家の両親と一緒に奥飛騨温泉に行ってきました。
高齢の両親は年2回の旅行を楽しみに、元気に自分たちの足で参加出来るを目標に頑張ってくれています。



名古屋から参加の兄を京都駅でピックアップして
実家へ、そこから高山まで高速で行きます。


お昼休憩した「ひるがの高原SA」

ひるがの高原紅葉

山々が色づいてきてます。

ひるがの高原SA

ちょっと小高くなってる丘まで、自力で登れた父。
頑張ってます(笑)



天気予報では明日は雨みたいなので、今日のうちに「新穂高ロープウェーイ」まで行きます。

奥飛観光開発が運営する索道で、新穂高温泉から西穂高岳への岐阜県側からのアクセスを担う。第1ロープウェイと第2ロープウェイがあり、第2ロープウェイは日本初の二階建て構造のゴンドラのロープウェイである。bywikipedia


穂高のもみじ

標高が上がるにつれて紅葉も進んでいます。
ここはしらかば平駅で1308m


杖のお陰で、最前列に乗せてもらえた両親。
ちゃっかりアタシも付き添いで特等席。



ロープウェイが登るにつれて霧が深くなって、見通しが悪いぃぃ。

穂高雲の合間から

それでも雲の合間から北アルプスの山々がかすかに見えます。
決してお安いロープウェイではないけれど、このパノラマが見れるなら大満足




20131105114651f4d.jpg


買ってもいいし、買わなくてもいいよぉってお写真撮ってもらって、
自分たちのカメラでも気持ちよぉく撮ってくださるカメラマンさんたち。
我が家は記念にと撮ってもらったのも買いました。



穂高夕景



そろそろ旅館に向かいます。

アタシが旅館選びをするポイントはいつも申し上げてる通りです。
ベッドがある旅館が大前提。


今回は奥飛騨温泉郷薬師の湯本陣さん
ここのスイートルーム&ロイヤルスイート3室は畳とベッドがあります。


秋の陽はつるべ落としといわれるがごとく、ついた時にはほとんど夕暮れ。
外観の写真は翌日にして、


こんな室内でした。

ホテルの内観


ベッドも大きくて、和室も広い。
難をいえば、ソファが低すぎるくらい。
これも慣れれば、自分たちで立ったり座ったりしてました。



露天風呂からは真っ赤に紅葉した紅葉と、川から流れる温泉の滝が望めます。
飲めるようになっていたので、飲んでみました。
かすかに硫黄の香りがして、ホロ甘くて。わりに美味しかったです。



お楽しみの夕食。

旅館の夕飯

お味も良かったし、量も十分すぎるくらいでした。


このタイミングでこれ出すの?って思える順番でしたが、
これが、すべて計算されていて、最後まで美味しく頂けるようになっていました。

左下の真っ赤なお肉は飛騨牛の蒸し煮。
ポン酢でいただきました。めっささっぱりしてて美味しかったぁ。



お腹も満腹になって。
お部屋で、日本シリーズ見ながら寝てしましました。



翌朝。

朝湯に入り、朝食。

旅館の朝食

右側真中の焼き物は、
朴の葉に乗せられたお味噌とお漬物。
このあたりの郷土料理朴葉味噌です。これ美味しかったぁ。
あと温泉のお湯で湯豆腐。におかゆ。


アタシには完食は無理。


昨日撮れなかった旅館の写真を。

旅館のお庭


旅館「本陣」前家族写真


この日は高山市内を観光して帰宅する予定。

あそこもここもと3か所くらい予定していました。
時間貸しの駐車場もたくさんあったので、車を移動させながら行けばいいと思って。


色づく山々



まずは「高山陣屋」陣屋とは、江戸時代に郡代・代官が治政を行った場所で、御役所や郡代(代官)役宅、御蔵などを総称して陣屋と呼ぶそうで、高山陣屋は現存する唯一の代官所だそうです。



陣屋前に行くと、朝市が開催されていました。

買い物好きの父が早速見て歩きます。

うぉぉぉめっさ安いっとアタシが飛びついたのは、
8個で500円の紅玉林檎。

近所のスーパーでは2個で398円。
あり得へん値段やん。
そしたらお店の方が、これちょっと傷いってるからおまけしとくって
9個で500円。
ジャムやアップルパイにする予定なんで、傷なんてなんのその。


他にもかぼちゃや唐辛子が安くて。

でも陣屋内見るのに、重い荷物もつのもなぁ。ってリンゴ以外は後で買うことにしました。



この日文化の日ってことで、陣屋見学無料デーでした。
ラッキー♪

ここお勧め。歴史物や博物館がお好きな方にはってことやけど。

高山陣屋内

陣屋内撮影は自由。

お蔵の中はあかんのです。お蔵は11蔵やったかなぁまでありました。
そのどの部屋にも展示物があって。
歴史物好き、博物館好きな実家家族。
喜んでゆっくり見させていただきました。


高山陣屋広間から


そうそう、沢山あった時間貸し駐車場は、どこもかも満車。
主人が早々に見て回りくるまでお留守番しててくれました。
「こんなゆっくり見て回る思わんかったわぁ」って言うてましたけど(笑)

陣屋まえ


で、ゆっくり見て回って出てきたら、、、朝市終わってた(涙)
かぼちゃにとうがらしぃぃぃ。
やっぱり先に買っとくべきやったわ。
陣屋入口で預かってくれはったのに(大泣)



ここですっかり疲れた父。

お昼御飯たべて、帰路につくことにしました。


旅行を励みに頑張って歩くように動けるようにと努力してくれている両親。
何時までも元気でいてほしいものです。

父は数えで卒寿です。
あと何回行けるかなぁとちょっとしんみりした今回の旅行でした。





  1. 2013/11/05(火) 19:00:03|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

伊豆旅行3日目

楽しい時間は「あっ」という間。
もぉ帰る日です。


朝から温泉入って。
今日の朝食は前日とあまり変わりはないけど、
サラダがスティックになってたり、フルーツが変わってたり、
ウィンナーがベーコンになってたりスクランブルエッグがオムレツになってたり
と少しずつ変えてあります。
そしてベーグルサンドがクロワッサンとコッペパンとフランスパンに変身してた(笑)



さぁて今日はどこ行こう?
帰り道の方に向かっていく?

この日はこの旅行のハイライトが待ってたもので、
あまり遠くには行けません。


じゃぁ。以前も行ったことあるけど、「浄蓮の滝」行こう。
滝は狩野川の上流部、天城山の北西麓を流れる本谷川にあり、1万7000年前に伊豆東部火山群の鉢窪山スコリア丘が噴火した際に流出[1]した玄武岩溶岩流を流れ落ちる直瀑である。落差は25m、幅は7mで岩盤には柱状節理が見られる。
かつて滝の付近に「浄蓮寺」という寺院があったことから「浄蓮の滝」という名称がついたと伝わる。by Wikipedia

浄蓮の滝をいえば、石川さゆりさんの「天城越」が浮かんできます。
ついつい鼻歌歌いながら、、、結構なにぎわいです。


わさびアイス最高~~~♪


ワサビ畑が連なる川の上にお土産物屋さんが。

「わさび団子」にひかれてフラフラ~~~~
みたらし団子のお醤油垂れが、ワサビ入りのお醤油垂れになってる。

おいしぃ~~~♪
結構濃厚なワサビのお味がします。


他にも味見がいっぱい。
「わび漬け」や「わさびかりんとう」や「わさびの醤油漬け」やら色々

どれもこれもちゃんとワサビの味がして美味しい♪

たんまりお土産買ってから、ワサビアイスを。
他のとこより格安。


ここはちょっと上等な(100円ではないっって意味ね)カップアイスに
生のワサビをすりおろして、混ぜ混ぜして食べるの。
いやぁぁこれがね、ほんまにワサビの香りや味がするのに
アイスの味を殺してない。めっさ美味しかった。


この日のお昼もなんてことないお昼ご飯を
眺めの良いお外で(笑)
いやぁほんまお腹がすかないのよ(苦笑)

結局調べて行ったドッグカフェはどこも行かなかった。




おっと約束の時間に遅れそう(汗)

ちょうどいい時間に到着したのは、新東名のサービスエリア
「遠州森町PA」



まだかなぁ~~まだかなぁ~~♪

誰を待ってるねん?


あっきた~~~~

この美人さんは。。。



静岡県といえば、毎年京都まで遊びに来てくれるお友達「すもも母さん」の地元。

今回はお会いできないと思ってたけど、お仕事早引きして会いに来てくれました。



おかぁちゃんこの子誰?



あたちはすももあんたは?



翔は京都に来てもらったときに、すもも母さんにお会いしてますが、
すももちゃんはアタシもはじめまして~~


いやぁん可愛い♪ちっちゃぁい。


すももちゃんとご対面



いつも母ちゃんのブログで羨ましいなぁと思ってたひまわり畑。
今はコスモスもあるけど見にいくぅ?って



もちろん連れて行ってもらいました。


ひまわりとおいらたち



母ちゃんの写真で見てたとおり、ひろぉいひろぉい景色が広がります。
空も広い。

お天気がイマイチだったのが残念。


おやつのためなら その1




ガウガウもやってみた♪

ガウガウしてもすぐ素に戻る二人♪





おばちゃんあたちを綺麗にとってね



コスモスとおいらたち




母ちゃんが必死になって写真撮ってるアタシたちを激写してくれました(笑)

親ばかちゃんりん♪



P1020870-1.jpg



P1020869-1.jpg


母ちゃんわざわざ会いに来てくれてありがとぉ。
楽しかった旅行が、ワンランクもツーランクもアップしたよ。


また会おうねぇ





  1. 2013/11/01(金) 20:25:20|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

伊豆旅行2日目

雨もほとんど止んだ2日目


このホテル裏側にドッグランがあります。

あまり目立たないからか、雨だったからかほとんど利用客が居ない感じ。



それなら翔ちゃんにちょうどいいやん。
走っといでぇ。

ボール遊びもできるようになったじぇ


ご心配いただいた皆様。
元気に走れるようになりました。



ささ朝ごはん~~~の前に温泉~~~~
ドアを開けたら温泉。めっさええわぁぁ


朝ごはんは、ワンプレーとにスクランブルエッグと手作りウインナーと温野菜。
別にサラダとコンソメスープとフレッシュジュースとコーヒーor紅茶。フルーツ。
そして、、、、、、ベーグルサンド2個(驚)
えぇぇっとベーグルサンドまでのメニューですでにお腹いっぱいなんですけどぉ(涙)


お昼のお弁当に持っていく?


けど、昨夜のウエルカムケーキも持って行くねんでぇ。


はち切れそうなお腹になるまで食べた。翔も(爆)




さぁて今日はどこ行く?
とりあえず、大室山行こう。


このホテル。チャックアウトまで鍵は自分たち管理です。
だから気も楽。



車に乗って、、、怖いぃぃぃどこ連れて行く気や。って震えてる翔さん抱っこして。

はぁ楽しい思いさせたら車も怖くないかと思ったけど、
まだあかんらしい。


大室山山頂



高いところが苦手な主人。
リフトにもビクビク(笑)よぉそんなんでスキーとかやってたなぁ。
翔はアタシが抱っこ。


曇ってたのが残念やけど、気持ちよかった。



雲海に浮んでます


頂上は霧がでてたりしたけど、リフト途中から霧も晴れて
視界も広がって気持ちよかった。


、、、、、主人は広がってほしくなかったらしい(爆)



ささ次は、シャボテン公園いわゆるワンコも入れる動物園。


大室山の駐車場前にしゃぼてん公園駅があって、
そこからシャトルバスがでてるらしい。


シャトルバス乗るほどの距離があるねやったら車で行く?




えっと、、、、、ものの2分ほどで、有料駐車場に到着。

え~~~~歩いて来たら良かった。
大室山は無料やったのにぃ。




入場料はいくらよぉ。
えぇぇぇぇ1800円??

まぁあ動物園は動物さんのご飯代もかかるしぃ。
仕方ないか?

けど、一日居てるわけちゃうのに、1800円はよぉださんっ



有料駐車場停めたけど。。。退散(爆)



一碧湖行こうっと。


一碧湖は南東から北西に伸びたひょうたん型をしており、北西側を大池(おおいけ)、市道の橋を挟んで、南東側の比較的小さい面積を沼池(ぬまいけ)と呼ぶ。by WikiPedia



一碧湖のグルリはずぅぅっと遊歩道になっていて、お散歩にはもってこいみたいです。


一碧湖。ほとんど山登りやん


いやぁ湖見れるとこって限られてて、あとはひたすら山の中~~~

緑が気持ちよくて、森林浴にはもってこいやけど、眺望がイマイチ。


けど、ぱぁっと木が開けると、綺麗な景色が楽しめます。


沼の方も山登り(笑)




このあたりでお昼。

そぉする?
お腹すいてないわぁとアタシ。

ワンコO.Kのお店も調べてきたけど、、、
コンビニおにぎりをお空の下で(爆)←どこ行ってもそんなもんな夫婦。



次の目的地 城ケ崎公園

富士箱根伊豆国立公園の指定を受けている。
伊豆東部火山群の主に大室山ができた約4000年前の噴火で溶岩が流れ、海岸線を2km近く埋め立てたことによって形成された。海岸は溶岩流と海の侵食作用でできた小さな岬と入り江が連続し、その多くは荒々しい断崖絶壁となっている。by WikiPedia


ここに行くにはつり橋を渡らなくてはいけません。
それも結構長い。

アタシも苦手ですが、主人や翔ほどではなくぅ(笑)


つ、つりばしなんか怖ないわぁ(涙)


へっぴり腰の翔。微妙に尻尾も下がってるぅ
翔を抱っこして余裕を見せてますが、汗で手がしっとり濡れてる主人(大爆)



渡りきったところの岩場でおにぎり。

どこかの小学校が遠足にきてて、
ガイドさんの説明を聞きながら食べれてラッキーだったわ。


落ちたらどぉすんねん


そこから歩いてシャボテン公園のお友達。
四季の花公園へ行けるみたい。

歩いて1.1キロ
ほなお散歩にもちょうどいいし、歩こう!!




またもや結構な山。下ってます。

下ったってことは登るってことやんなぁとかいいつつ。



着いたところは。。。

お花ってどこにあんの?


時期外れで、ほとんどお花のない四季公園。
アジサイ園は、来年のアジサイ時期をお楽しみに♪って通行止めになってるやん(爆)

見ごろのチョコレートコスモスは500円玉くらいの大きさしか残ってなくて。
きっともっと大きなお花もつけてた思うけど、、、最後の最後って感じ。


まっ満開のブーゲンビリアを見れたからヨシとしよ。(写真ない(爆))




ささ。また結構な上り坂や階段を上って駐車場まで。

よぉやくホテルに帰ることにしたあたしたち。


帰って早々温泉入って。極楽ぅぅ


ここで待ってたら落ちてくるかも~~


夕飯もお魚やお肉、お刺身と行った流れは一緒やけど、ちょっとづつ変えてあって
この夜も楽しめました。












  1. 2013/10/28(月) 18:33:17|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

伊豆旅行1日目

翔の手術前から、手術が終わって元気になったら旅行に行こうって決めてました。

そのために主人もアタシも夏休みを取らずにおいておいたんです。


前回の診察で、順調に回復してるってことでしたので、決行しました。


魚のぬいぐるみ久しぶりぃ




今回は主人に計画を立ててもらったんですが。
家の中ではどんだけでもお留守番できる翔ですが、
外では一切お留守番が出来ないことは皆さんご存知や思います。
車の中も勿論無理。

なので、翔と離れることなく、いつも一緒にいられるホテルを探してくれました。
勿論温泉付きで。



石の家


出発直前の台風で、伊豆大島に大きな被害がでました。
(被害に遭われた方々が安らかでいられますように)
当日も大雨。
自他共に認める晴れ女。。。のはず。




まっゆっくり休憩も楽しみに行けば良いか~と家をでました。


1回目の休憩。「上郷SA」雨もほとんど降ってなくて
翔もお散歩できました。あっもぉご存知でしょうが、
雨の日はお散歩拒否するワンコです(笑)

運転交代して、あたし。
あれ?お尻がスゥスゥする。。。。。携帯がないっ
上郷に忘れてきてました(大泣)

仕方が無い高速降りて引き返して、、、また乗って。
はぁお金も時間もめっさ勿体無いぃ。


ささ気を取り直して。

ナビは東名を通るって言いましたが、折角やから新東名通ってみよぉって。
東名は混んでましたが、新東名は走りやすい。
これはスピードに気をつけないと、気付かないうちに物凄い出してるパターンの道やわ。
新名神と同じパターンや。


浜松SAで休憩
お天気さえ良ければ、めっさ良いところやん。
ドッグランにドッグカフェ。
大きくて広くて。

新東名のインターは優秀

しかも綺麗。

ここのお手洗いで、見知らぬおば様方が。
「日本はええなぁ。こんな綺麗で充実したトイレはどっこにもないわ」って
確かに。アタシもそぉ思った。
個室内に、杖掛けや、傘たてまで着いてたよ。


ここで昼食も済ませ。


沼津で降りて。ホテルへ。




傘持ってスタッフさんが出迎えにきてくれました。

外観かわいい♪


ホテルの外観



とりあえずお部屋に。って



お部屋もきれい


お部屋も素敵♪



外も雨やからゆっくりしてたら、お食事の時間になりました。


お食事はお部屋に一品一品運んできてくれはります。

そのたんびに「わわぁん」(わ~~い)と出迎えに行く翔。
スタッフさんも慣れたもの。

「はぁいお肉だよぉ」って感じで。



1日目のご飯♪


ご飯もとっても美味しかった。


このホテルに大満足。



お風呂は露天風呂が温泉ひいてあるので
そちらでゆぅぅっくり。
誰にも遠慮要らないから、
勿論本を持ち込んで、これでもかってくらいゆっくりさせて貰いました。




  1. 2013/10/26(土) 14:30:51|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。