Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

慢性くも膜下出血

父の病名「慢性くも膜下出血」ですが、

何年か前に、父は趣味でしてる畑で転んで頭を打ったそうです。
その後瘤もできたし、気分も悪くならなかったので大丈夫と病院へ行かなかったそうです。


だけど、それが原因でちょっとづつ傷口から出血し脳を圧迫してきてたそうです。
そして、それが原因で歩行障害を起こし転倒の原因を作りました。

手術前、見せてもらった父の頭のCTは、脳髄を溢れた血で押しつぶしたものでした。
頭に穴を開けて溜まった血を吸い出して、綺麗に洗ってもらう手術をしました。


若い方の脳だと、術後すぐに、ドンドン脳が正常な状態になるそうですが、
高齢の父は戻るのにも時間が掛かるというお話でした。

そして高齢者の場合、再発する可能性も大きいと聞きました。
とりあえず手術は成功し、命は取り留めました。
有りがたいことに、何処にも障害は残らず終わりました。


暫くは安静です。
頭の心配がなくなったら、今度は安静にしてる間に歩けなくなるんじゃないかという心配。
心配しても仕方ないけど、歩けなくなるのだけはなんとかして回避したいものです。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/29(金) 14:40:10|
  2. 介護|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

誕生日のはずだったのに

思い出し日記。


10月27日。
実家の父の誕生日。


日付けが変わった夜中2時ころ。電話が鳴った。

「お父さんが倒れて起き上がれないから、救急車で病院に行くから」って。


とりあえず、主人を起こして翔のお散歩頼んで、車を飛ばしました。


心臓ドキドキして、「お父さん、待っててや。まだあかんで」って何回も口にしてた。


この何日か前に、転んだ話を聞いてました。

病院に行ったんだけど、加齢による足腰の弱りってことで、あまり出歩かないようにって言われました。


なんかなぁ~って思ってたんです。

サークル活動を色々してる父なので、外に出て行けないなんて楽しみが激減する。

様子を見に行ったら、なんか元気も気力もない感じだったの。


そんな風に思ったところへ、急変を告げる電話。



急いで駆けつけたら、母が寒い待合にポツンと一人。


倒れたときの様子など聞きながら処置の終わるの待ってました。

夜中トイレに行って帰るときにこけたらしい。

でも起き上がれなくて、ご近所の方々に来ていただいて、
なんとかベッドまで乗せたそぉです。

でもそのまま寝ててもトイレにも行けない、、、ってことで救急車を呼ぶことになったそぉです。



暫くして、先生から説明がありました。

先生から聞かされた病名「慢性くも膜下出血」
すぐに手術しないと命がないって話でした。


  1. 2010/10/28(木) 23:00:44|
  2. 介護|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。