FC2ブログ

Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

老々介護。

大層な御題をつけたけど、たいしたことないんですぅ。

今日は暗い日記なので、スルーしてくださいね。



ba-baは週末、自分のお姉さんの介護に行ってます。
ba-baより8歳年上で、独身の伯母さんは11年前にアルツハイマーと診断されました。
今は進行を遅らせる薬があるので、それを服用しつつ今まで、在宅で頑張ってきました。
勿論ディサービスやヘルパーさんにも来ていただいて。
土、日、はba-baが泊まりに行ってます。


8月の初旬ころ、伯母さんの家に泊まりに行ってたba-bagから夜中に電話がありました。
伯母さんがまだ帰らないって。
探したところ、車で1時間ほどの警察に保護されていました。

出かけることの好きな伯母さんは、
朝早く出かけてお昼に帰ってきて、また出かけ夕方帰ってくるということをずぅぅっとしてきました。
迷子になることはなかったので、ba-baはよく
「姉さんは鼬やわ~~同じ道しか通らへんのちゃうやろか~」って笑ってました。


なのに、迷子。
これからこぉいう機会が増えるのかもしれません。

そんな話をしていたところ、ba-baが目の手術のため入院することになりました。
それも1ヶ月。
さてさて伯母さんをどぉしたらいいだろぉ。
結局そぉいう施設に1ヶ月だけ預かって貰うしかないということになりました。

何が伯母さんにとってba-baにとっていいのか、、、みんなで随分悩みました。
けど要介護度の低い伯母さんは、今以上にヘルパーさんやディサービスを増やすことは適いません。
いくら緊急事態だと言ってもあきませんでした。

ba-ba自身もそんなにしっかりしてるわけではなくぅ。という現状。
今回は1ヶ月だけという条件でお知り合いの施設に入れて貰えたんですが、
そんな知り合いもなく、お金もなく、、、ってなったらどぉしたらいいんでしょう。
そしてそして、ba-baが今よりももっと惚けてきたとき、、、一体誰が伯母さんの面倒を見るんだろぉ。


我が家はそれなりの覚悟をして、家を建てるとき
伯母さん用の部屋にもできるね~~って部屋を用意してあります。
けど、伯母さんにしてみたら私に世話になるなんて考えられないことでしょ~
まして今まで一人で気ままに過ごして来た人だから余計にね。


今回の入所も一応納得して入ってもらいましたが、、、、、
納得した尻から「なんで私こんなとこにいんねやろぉ」って言います。

なんかね、仕方がないことって解かってるし、どぉしようもないことって思ってるし、
精一杯のことしたと思ってる。
まして、1ヶ月のことやんっって。
でもさ~~~伯母さんの混乱とba-baの気持ちを思うと、、、
心に鉛を抱いたみたい。ドォォンと重たいの。



スポンサーサイト



  1. 2009/09/02(水) 13:51:48|
  2. ma-saの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10
| ホーム |