FC2ブログ

Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

花の都パリ~3日目続き~


3日目の続き。

今回はオペラ座から。



主人が唯一行きたいって自己主張したオペラ座(オペラ・ガルニエ)

アタシは宝塚の花組公演「オペラ座の怪人」何回観に行ったやろ。
はぁ懐かしいなぁ。もぉ4年くらい前の話やね。



第2帝政期を代表する世界有数のオペラとバレエの殿堂。
外観および内装はネオ・バロック様式の典型と言われ、たくさんの彫刻を飾り、
華美な装飾を施した豪華絢爛たるものである。
また建材には当時、最新の素材とされていた鉄を使用した。
これによって、従来不可能とされていた巨大な空間を確保することに成功した。
2167の座席が5階に配分されており、観客収容規模でも当時最大の劇場であった。(ガイドブック抜粋)


11-14-8.jpg



ほんま外観も豪華やわぁ。
ここで模様されるバレエ公演。一度観てみたいなぁ。
フランス語はちんぷんかんぷんやからオペラは無理やけど(苦笑)
バレエなら言葉無くてもええかも。



11-14-9.jpg


それにしても、ここも隙間無く装飾してあります。

煌びやかぁぁ(クレヨンしんちゃん風に)

11-14-10.jpg


ドコの柱の横が0番座席なんやろぉって思いながら。
けど思ってたより、劇場内は狭くみえる。
きっと、他が優雅に出来てるから、劇場は小さく見えるのかも。
豪華絢爛な劇場でゆっくりじっくりお過ごしくださいってことね。




ここで、ちょっと休憩してたら、娘から電話。
今更やけど、携帯電話って国内なら家族間は無料やけど、
海外やったらどぉなるんやろぉ。

娘の用事は「修学旅行の提出書類の締め切りが明日やから、
お兄ちゃんに書いてもらっていいか?」って話。
なんでもっと早く言わへんねん。


子供たちは二人で居酒屋行ったり、ファミレス行ったりと仲良く過ごしてくれてるらしい。
一番気になる翔ちゃんは元気にしてるでぇって。
ほんまにちゃんと世話してくれてるか、、、微妙に心配。



長い電話も終わり、そろそろ次行こう。



次はルーブル美術館

ルーヴル美術館は、パリの中心部、セーヌ川の右岸に位置し、東西1km、南北300mの壮大なルーヴル宮殿の大部分を占めている。
その起源は12世紀末に建造の始まったパリの街を守護するための要塞であり、
時代の変遷とともにフランス王家の宮殿、そして美術館へと変貌を遂げてきた。
所蔵している美術品は2000年現在で三十数万点を超え世界最大級だそうです。(ガイドブック抜粋)


11-14-12.jpg



美術館中央にある、ピラミッドの下から入ります。

ゆっくり観て回りたいけど、そんな余裕はない。
貰ったパンフレットとガイドブックのお勧めから観たいものだけ抜粋してみます。



が、、、しかし。
いかれた方はご存知でしょうが、元はお城だったものだから、
大きく分けて3つの塔から成り立ってます。

リシュリュー翼。シュリー翼。ドゥノン翼。の3つです。


始めはリシュリュー翼のハンムラビ法典から見に行くことに。



途中こんな面白い彫り物発見。
けど、なんやったかなぁ。


11-14-13.jpg



はいっハンムラビ

11-14-14.jpg



こんな簡単に書いてますが、ここまでですでに30分近く歩いて探した(苦笑)

ご存知の方も多いと思いますが、
あたくち。。。。。物凄い方向音痴です。

3回回ったら右も左もわかりません。
元の場所に戻ってるって頭は理解してても、感覚は別物。


主人に地図渡して、ココ連れて行って。コレ見たいって。
このときばかりは頼りは主人(笑)

内心まだかいなぁ。もぉ早く見つけてよぉって思いつつ。
後ろからヒョコヒョコ着いていきました。



あまり彫刻に興味の無いアタシ。


ここから暫く美術鑑賞にお付き合いくださいませ。



ミロのビーナス。1820年エーゲ海のメロス島で発見された。
今も原型の手はどういう形になってたかが論議されてる。

11-14-15.jpg


11-14-17.jpg


上段は、美術館の天井。
こんなところまで、こんなに装飾。
お城やったしやけど、みんなあんまり天井なんて見ぃひんの違う?
こんなこと思うのはアタシだけか?


下段 左1863年サモトラケ島で発見された「サモトラケのニケ」
右フェルメールの「レースを編む女」
このレースを編むは、京都のルーブル美術館展で見たわ。




11-14-18.jpg

モナリザ。凄い人だかりやったけど、小さい。
こんな小さい絵やったんや。



11-14-16.jpg


カナの婚礼。
物凄く大きな絵。左下に写ってる女性を見ていただければ解ると思います。




そしてそしてアタシが一番見たかった

11-14-19.jpg


大工のヨセフ
大工仕事の場面なんやけど、この雰囲気が大好きやねん。



何時間歩いたやろぉ。


出てきたらすっかり夜になってた。

ライトアップされて綺麗。左上のが昼のピラミッドです。


11-14-20.jpg




はぁこの日もよぉ歩きました。

ほんの23,158歩2日続けての2万超え(笑)



ささ、今日は間違えずに帰れるはず。

出口は2番よ。





えぇぇぇ2番に出たのに見たこと無い風景やん。
おかしいなぁぁぁ。

またグルグル回って探すも見覚えのある風景見当たらず。
あっマクド発見。
晩御飯マクドにしよぉ。ってホテルも見つけてないのにハンバーガーセットを買う夫婦(爆)

そこからまたグルグルまわってたら、昨日道聞いたカフェ発見。

今日も聞いたら、マスター笑ってた(苦笑)



それにしても魔法のようなホテルやわぁ


部屋の鍵貰って部屋の前にきたら、、、、、、、、
えぇぇぇ鍵開かないやん。


今度は入れて貰えへんのか?



またフロントへ。
主人が「言うてきてっ」いうからアタシ一人でフロントへ。
入れない。って言うたらフロントマン。続けての不祥事にすぐ行ってくれた。
が、フロントで待ってて言われたから素直に待ってたアタシ。

マスターキーでやっと開けてくれたけど、
悪いけど、明日以降帰ってきたら声掛けて。ボクも一緒に来るからって。
はぁ?修理はしてくれへんのか?

まぁ開かない方がましか?

って思ってたら、先に入った主人。アタシを置いてドア閉めてしもぉてた。

はぁぁぁ?アンタ何してんの?
ドンドンドンって扉叩いても開けにこない。
まさかとは思うけど、疲れてうっかり寝てるってことないやろね?
叩いても叩いても開けてくれない

どぉなってるねん?
廊下の電気は人感センサーになってるらしく、
すぐに消える。

見知らぬ土地で締め出し食らったアタシ。怒り心頭


どんだけ時間がたったやろ。


漸く扉が開けられた。

「何してんのよ。何でさっさと開けへんのよ」って怒るあたしに
「お腹壊してトイレ行ってたんや。そんな何回も叩かんでもええ。煩い」って言うた主人

あんたぁぁぁどの口が煩い言うた??って気分のアタシ。
「アタシが戻ってくるの待ってられへんくらいしんどいやったら
扉になんかはさんどけぇぇ」
って言い放ったのは言うまでもありません。

はぁほんまにぃ。迷惑なやっちゃ。
ハンバーガーも冷めてしもぉたわ。腹立つぅ。


そやけど、マクドのハンバーガーは馴染みの味やったわ。




そんなこんなで3日目も終わり。

明日はいよいよモンサンミッシェルです。
今回も長々と愚痴付日記にお付き合いありがとぉございました。


スポンサーサイト
  1. 2012/11/28(水) 22:29:40|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

花の都パリ~3日目~

今日のお話は3日目。
毎回言うてますが、お暇なときに見てね。


その前に、ホテルのお部屋の話を。
2日目の朝、カギは修理しておくよってホテルの方にいわれ、
よろしゅう頼むでって言うて、出かけたアタシ達。

帰ってきたらフロントに、外したドアノブとキーがドォォォンと置いてあって、
替えて貰ったでっていうフロントマン。

なのに、お部屋も変わった。
どぉいうことやろ。まっでも少し広くなって、ベッドもちょっとゴージャス。
でも眺めは前の部屋の方が良かったなぁ。




さてさて3日目。

昨夜、帰りに迷ったアタシ達。
今朝は慎重に。って言うたって、ホテルからストーーーーンとまっすぐ2分ほど。
なんで迷うか分からない。

出入口は2番って確かめて。



今朝はオランジェリー美術館から行くのだって思ってガイドブックみたら、
9時からやって。


ほなその近所の
サン・ジェルマン・デ・プレ教会へ行きましょう。

現存するフランス最古の教会、高くそびえる鐘楼は11世紀のものでフランス最古のもののひとつ。
もともと542年にパリ王ヒルデベルト1世により聖遺物を収める修道院の付属教会として建築。
のちの576年にパリ司教聖ジェルマンが埋葬されてからこの名前になったそうです。(ガイドブック抜粋)

11-14-1.jpg




フランス人は80%がキリスト教徒それもカトリックだそうです。
こういう歴史ある教会に出勤前に普通に寄ってお参りしてい行かはります。

日本でも神社の前通ったら手ぇ合わすやろか?
前からだけど、中に入ってまで拝まないなぁ。

日本人は無宗教ってよくいわれるけど、ほんまそぉかもね。




もぉひとつ、近くにある教会

サン・シュルピス教会 ここは映画ダ・ヴィンチ・コードで有名になった教会らしい。。。
この映画見てないから良くわからないぃ。
6世紀の大司教聖シュルピスに捧げられた教会。
内部のドラクロワの3枚宗教画とパイプオルガンの装飾が見どころ(ガイドブック抜粋)

右下の時計のある写真がパイプオルガン。


11-14-2.jpg


どこの教会もそぉだけど、中はシ~~~ンと静まり返ってて、
カメラのシャッター音まで響くほど。
しかも薄暗い。


そぉそぉ幼稚園からずっとカトリックの学校に通ってたアタシ。
跪いてお祈りしましょう、、、って思ったのに途中から出てこない。
なんか悲しかったなぁ。アタシの16年はどこ行った?(爆)



時間もいい感じになってきたので、オランジェリー美術館へ向かいましょう。
ここはモネの睡蓮があるところ。
どぉしても行きたかった美術館。


コンコルド広場を通って。

11-14-3.jpg


クリスマスのシーズンだけ建てられる観覧車。
あとは乗り物を取り付けるだけになってました。
次の日通ったら完成してました。


向こうに見えるのはエッフェル塔です。



っとオランジェリー。。。。。ストライキやって。
いつまで?って聞いたけど、分からないやって。

またまた主人が「えぇぇミュージアムパス今日までやのにぃ。
明日以降来たら正規料金払うんやろ?今日来たけどストやったって証明もらえたりしぃひんのか?」って

「はぁ?あんたそれフランス語で言うて来ぃ」って冷たく言い放ってやった。
どこ行くとかどぉやって行くとか我関せずのくせに
こぉいうとこだけ煩い。なんむかつくぅぅぅ(笑)


ミュージーアムパスというのは、有名な美術館やヴェルサイユ宮殿など、鑑賞にお金がかかる施設を
2日間4日間6日間と連続して見に行くのに割り引いてくれるチケットです。

我が家は2日間のチケットを用意していました。
ちなみに2日間だと、4か所で使用すればトントン5か所なら勝ちだそうです。
勿論5か所行きます(笑)




オランジェリー美術館があかんかったので、



近くのマドレーヌ教会を見に。
どんだけ教会見に行くねん(笑)

ここは神殿風の外観と彫刻が見どころです。
パリ唯一の古代ギリシャ風の教会。数奇な運命をたどりながらも1842年に完成。
高さ20mのコンクリート製柱が52本取り巻き、正面の切妻型の彫刻「ルメール作 最後の審判」を
初めとして19世紀彫刻群が見事なんだそうです。(ガイドブック抜粋)

11-14-4.jpg



ここで、主人に「どこ行く?あんた行きたいとこないの?」って聞いたアタシ。
そしたら「オペラ座」見に行きたいって。


ほなそこ行きましょ。

あっその前に「ギャルリー・ラファイエット」に行ってこよう。
時間もちょっと早いしぃ。ってこの時点でまだ10時になってない(笑)
ラファイエットに着くころには10時になってるやろと踏んだアタシ。


ギャルリー・ラファイエット
パリ最大のデパートで、ここの吹き抜けになってる円天井が今年100年を迎えるそうです。
職場の方からも「見て来てやぁ」って言われてたの。



11-14-21.jpg




11-14-7.jpg






クリスマスの飾りつけもされてていい雰囲気です。



ここで、少し娘へのお土産を購入し。

息子へのお土産を物色。良いのがないなぁ。



あれこれ歩き回ったけど、喜びそうなのが見つからなかったので次の場所へ。



ちょっと横見たらこんな通りが。

11-14-5.jpg

どこを撮っても絵になるわ。




オペラ座の前にランチにしましょ。

フランス行ったら魚介類を食べてきてくださいね。
滅茶苦茶美味しいですから~~って言われてきたのよ。



生ガキが美味しいってガイドブックに載ってた「ル・プチ・マリウス」へ。

えっと外観撮るの忘れた。
こじゃれたカフェってことで(笑)


メニュー見ても何が何やら。

オイスターって言うのが分かったからそれだけ頼んだ。


11-14-11.jpg



が、しかし、生ガキを食べたことないアタシ。
甲殻類にはアレルギーもある。

こんなとこで、お腹壊したくないので、2個だけたべとこ。
後は、主人に。


もっぱら鴨のサラダを。魚介関係ないしぃ。

お隣のおじ様方が食べてはったの、めっさ美味しそうやったなぁ。
何ていうのか分からないけど。



ということで、3日目のお昼で今回はおしまい。

また続きは後日。
今回も最後までお付き合いくださってありがとぉございました。

  1. 2012/11/28(水) 08:02:30|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。