Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

キシリトール

昨日こんなブログを見つけました。

キシリトール配合の製品を犬が食べると血糖値が急激に低下したり、筋力整合の損失や発作を起こしたりする恐れがある、ということです。
これはアメリカのASPCA動物毒コントロールセンターの発表です。

ご飯は手作りだし、おやつ類もできるだけ天然の物を。。と心がけているので犬用のガムでキシリトール配合ってどんなのがあるのか解らなかったんですが、調べてみたら、「フードに混ぜて使って」とか「歯磨き効果のあるガム」とかって結構たくさんあるんですね。

それにキシリトール入り!って書いてあると、歯磨き効果倍増って感じがしますね。

「財団法人日本食品化学研究振興財団」にビーグルを使った実験結果があります。
このビーグルちゃんかわいそう。。

それによると混餌(2、5、10、20%)投与による104週間の反復投与試験において、20%投与群で肝比重量の増加が、10%以上の投与群でGPT等の血清酵素値の上昇、門脈周辺の肝細胞質の淡明化が認められる。肝比重量の増加、血清酵素値の上昇及び門脈周辺の肝細胞質の淡明化は、高濃度のキシリトール投与により、インスリン分泌が促進され、グリコーゲンが生成し、それが肝臓に蓄積したことなどによるものであると考えられる。このような変化は、イヌ以外の動物種では見られていないと米国食品医薬品局は報告している。なお、20%投与群のキシリトール摂取量は5.5g/kg体重/日である。
 なお、単回投与試験における毒性も極めて低い。


そうです。
大量に与えなければ大丈夫ということか??
でもわざわざ食べることも無いような気がしました。


それより私がビックリしたことは同じ「財団法人日本食品化学研究振興財団」のページのなかで、
キシリトールはプラム、イチゴ、カリフラワー等に含まれている糖アルコールの一つでってあったことです。

てことはプラム、イチゴ、カリフラワー等は食べささないほうが良いってことよね。
大量には食べさせたことないけど、旬の時期には食べさせていた食品です。
これからは控えなくてわ。

スポンサーサイト

  1. 2005/11/24(木) 15:51:53|
  2. ご飯の日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<理解できないっ | ホーム | つっ疲れた~~~>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jyolly.blog15.fc2.com/tb.php/103-a963dd06
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。