Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

老々介護。

大層な御題をつけたけど、たいしたことないんですぅ。

今日は暗い日記なので、スルーしてくださいね。



ba-baは週末、自分のお姉さんの介護に行ってます。
ba-baより8歳年上で、独身の伯母さんは11年前にアルツハイマーと診断されました。
今は進行を遅らせる薬があるので、それを服用しつつ今まで、在宅で頑張ってきました。
勿論ディサービスやヘルパーさんにも来ていただいて。
土、日、はba-baが泊まりに行ってます。


8月の初旬ころ、伯母さんの家に泊まりに行ってたba-bagから夜中に電話がありました。
伯母さんがまだ帰らないって。
探したところ、車で1時間ほどの警察に保護されていました。

出かけることの好きな伯母さんは、
朝早く出かけてお昼に帰ってきて、また出かけ夕方帰ってくるということをずぅぅっとしてきました。
迷子になることはなかったので、ba-baはよく
「姉さんは鼬やわ~~同じ道しか通らへんのちゃうやろか~」って笑ってました。


なのに、迷子。
これからこぉいう機会が増えるのかもしれません。

そんな話をしていたところ、ba-baが目の手術のため入院することになりました。
それも1ヶ月。
さてさて伯母さんをどぉしたらいいだろぉ。
結局そぉいう施設に1ヶ月だけ預かって貰うしかないということになりました。

何が伯母さんにとってba-baにとっていいのか、、、みんなで随分悩みました。
けど要介護度の低い伯母さんは、今以上にヘルパーさんやディサービスを増やすことは適いません。
いくら緊急事態だと言ってもあきませんでした。

ba-ba自身もそんなにしっかりしてるわけではなくぅ。という現状。
今回は1ヶ月だけという条件でお知り合いの施設に入れて貰えたんですが、
そんな知り合いもなく、お金もなく、、、ってなったらどぉしたらいいんでしょう。
そしてそして、ba-baが今よりももっと惚けてきたとき、、、一体誰が伯母さんの面倒を見るんだろぉ。


我が家はそれなりの覚悟をして、家を建てるとき
伯母さん用の部屋にもできるね~~って部屋を用意してあります。
けど、伯母さんにしてみたら私に世話になるなんて考えられないことでしょ~
まして今まで一人で気ままに過ごして来た人だから余計にね。


今回の入所も一応納得して入ってもらいましたが、、、、、
納得した尻から「なんで私こんなとこにいんねやろぉ」って言います。

なんかね、仕方がないことって解かってるし、どぉしようもないことって思ってるし、
精一杯のことしたと思ってる。
まして、1ヶ月のことやんっって。
でもさ~~~伯母さんの混乱とba-baの気持ちを思うと、、、
心に鉛を抱いたみたい。ドォォンと重たいの。


スポンサーサイト

  1. 2009/09/02(水) 13:51:48|
  2. ma-saの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10
<<翔のつぶやき | ホーム | 最近の色々>>

コメント

どうしたらよいのかな?

ヒタヒタと、私の周りも考えなくっちゃいけなくて、それで夏休み帰省した際、色々話してくるつもりが、結局あまり話もできなくて。
それでも、実家の両親の意思は尊重したいな・・・という思いから、特に反対はしなかった。


けど、介護する側もそれなりの年齢。ma-saさんのba-baさんより若いけど、若年性アルツハイマーであったり、脳梗塞だって、若い人が突発的に発症するでしょ。
いつなるか分からない分、やっぱり離れて暮らしているのは不安だわ。
こういう時こそ、ドラえもんのどこでもドアが切実に欲しい!!!

伯母さんが一時入られる施設がそういうのか分かりませんが、わたしの祖母が当時同居していた伯父宅の改装に伴い、病院へ一時入院という形をとらせてもらいました。
結果、寝たきり老人になってしまいました。それまでは、耳が遠かったり、物忘れはあったりしたけど、寝付くほどではなかった。
結果論だけど、その方法は間違っていたことになる。

じゃ、どうすればよかったの?
って言われるけど、その時は元気だった母が申し出て一時同居したけど、すぐ戻っちゃった。
あのままだったら、違ったのかな~?

ごめん、こちらのはなしばかりだね。
  1. 2009/09/02(水) 15:14:32 |
  2. URL |
  3. トトママ #-
  4. [ 編集]

難しい問題やね。

ni-ni君はもう元気になったかな?いくら薬が効いてもやっぱりインフルはかなんよねえ~。

うちの場合、義祖母と実父ですが、ともに言える事は『病院入ったら寝たきりになる』という事。自分の意思で動こうとしない限り、ベッドの上に居るしかないんです。そして動きたくても、介助がなければ立つ事も困難であるならば、もうトイレも行かせてもらえずオムツにさせられてしまう。人員が不足しているために、そこまで手が回らないんです。ホスピスはまだ看護師一人に対する患者数が少ないので、細かいところまで見てもらえましたが、それでも完璧とは言いがたい。上を見ればキリがないんです。
 痴呆の入ってきた人は、もうホームに入ってもらうしかないですね・・・。そうでないと、介護している人がつぶれてしまうから。義祖母は昼夜逆転だったため、夜中の3時頃にうちの家(斜め向かいにあるんです)のインターホンをピンポーン♪と鳴らして『おじいさん、何処へ行かはりましたか?!』と。しばらく話をしていると、段々もうおじいさんは亡くなっているんだ、という事を思い出すといった按配。さすがに毎日の『襲撃w』はこたえました。ちょっと脱水症状で入院して、そこから一気に歩行困難と痴呆が進みました。施設も順番待ち、それまでの間、という事で何とか一般病棟ですが入れてもらってましたが、痴呆のせいで問題行動が多いので、夜寝てもらうために日中起きていてもらうってことで、車椅子に乗せられて、ずり落ちないように腰をくくられて、ナースステーションにポン、と置いておかれてました。そんなもんなんです。
身内であるだけに、できるだけの事はしてあげたい。でも自分にも限界はあります。どこまでやるか、何処で線引きをするか。一生ついて回る問題ですね・・・・。
  1. 2009/09/02(水) 21:15:26 |
  2. URL |
  3. 星の母 #8Y4d93Uo
  4. [ 編集]

何とかなるよ(*^_^*)

母の認知症、入所に悩んだ私に友人がかけてくれた言葉です。
「何とかなるよ、思い通りにならなくても」って。

義母様の入院も気がかりですね(>_<)

でも目の前の今日すべき事を一つずつこなして行けば答えは
自然に出て来る気がします。

母も入所当時は心配しましたが、返って一人暮らしの心細さから解放
されて安心して良く眠れる様になりました。
伯母様の入所も悪い事ばかりでなく、いい面も必ず有ると思います(^_^)v

偉そうの事ばかり書いてごめんなさい<(_ _)>
でも離れていてもいつも応援しています(^_^)v
  1. 2009/09/02(水) 23:45:44 |
  2. URL |
  3. マックママ #/N6my8h.
  4. [ 編集]

Re: どうしたらよいのかな?


トトママさん

こんにちは~
そぉよね。段々こういう問題が迫ってくる年齢になったのよね。

トトママさんのご両親も離れてるだけに心配よね。
ホントどこでもドアーがあればいいのに(笑)

伯母がお世話になることになった施設も、私の家からは車で1時間くらい掛かるから
ちょっと行ってくるって言える距離じゃないの。
ましてba-baに車はない。となると私達が連れて行くんだけど、土日しか無理。
その上、ba-ba自身が入院するからね~~
でも世間様からいえば随分近いのかなぁ。トトママさんご実家よりは随分近い。

今回の一時入所。病気を進行させることは間違いないよね。
介護の仕事やってるお友達に聞いてもそぉいうてはった。
それも可哀相やけど、仕方ない。
なんか仕方ないって思っててももどかしいね。

義妹の家からは車で20分ほどらしいから、ちょくちょく様子見に行ってもらって
凌ぐしかないかなぁ。

ありがとぉね。
  1. 2009/09/03(木) 10:18:18 |
  2. URL |
  3. ma-sa #-
  4. [ 編集]

Re: 難しい問題やね。


星の母さん

こんにちは~
ni-niへのお気遣いありがとぉございます。
奴はすっかり元気で、思わぬお休みに少々浮かれ気味。
勉強しても(受験生)いいねんで~~~って言ってますが、、、トホホホホ

あぁぁ星の母さんの義祖母さんのような方々、
実家の母が入院したときナースステーションにいはりました。
実家の母も術後しばらくは他所の世界に行ってたので、そこのメンバーだったんですが、
今はすっかり元気になり、痴呆もありません。
けど、病院での介護は本当に人手不足という大きな壁があると思います。

伯母が入った施設も個室なんですが、(ここにも問題ありと思うの)
同じ階にいらっしゃる方々は伯母より進んでるとはいえ、まだ自力で歩いてる方々だそぉです。
ただその方々と進んで話をするタイプじゃないんです。(ここにも問題あり)

本当に気持ちだけではどぉしようも無いことがあるんだと思います。
今回のことが、下手な方向に流れたとしても仕方がないことではあるんですが、
そのときのba-baの気持ちと状態を考えると、気が重くなります。
まぁまだ下手な方に流れるって決まってないんだけど。

また相談に乗ってくださいね。ありがとぉざいました。

> ni-ni君はもう元気になったかな?いくら薬が効いてもやっぱりインフルはかなんよねえ~。
>
> うちの場合、義祖母と実父ですが、ともに言える事は『病院入ったら寝たきりになる』という事。自分の意思で動こうとしない限り、ベッドの上に居るしかないんです。そして動きたくても、介助がなければ立つ事も困難であるならば、もうトイレも行かせてもらえずオムツにさせられてしまう。人員が不足しているために、そこまで手が回らないんです。ホスピスはまだ看護師一人に対する患者数が少ないので、細かいところまで見てもらえましたが、それでも完璧とは言いがたい。上を見ればキリがないんです。
>  痴呆の入ってきた人は、もうホームに入ってもらうしかないですね・・・。そうでないと、介護している人がつぶれてしまうから。義祖母は昼夜逆転だったため、夜中の3時頃にうちの家(斜め向かいにあるんです)のインターホンをピンポーン♪と鳴らして『おじいさん、何処へ行かはりましたか?!』と。しばらく話をしていると、段々もうおじいさんは亡くなっているんだ、という事を思い出すといった按配。さすがに毎日の『襲撃w』はこたえました。ちょっと脱水症状で入院して、そこから一気に歩行困難と痴呆が進みました。施設も順番待ち、それまでの間、という事で何とか一般病棟ですが入れてもらってましたが、痴呆のせいで問題行動が多いので、夜寝てもらうために日中起きていてもらうってことで、車椅子に乗せられて、ずり落ちないように腰をくくられて、ナースステーションにポン、と置いておかれてました。そんなもんなんです。
> 身内であるだけに、できるだけの事はしてあげたい。でも自分にも限界はあります。どこまでやるか、何処で線引きをするか。一生ついて回る問題ですね・・・・。
  1. 2009/09/03(木) 10:33:43 |
  2. URL |
  3. ma-sa #-
  4. [ 編集]

Re: 何とかなるよ(*^_^*)


マックママさん

こんにちは~
ご無沙汰してます。お元気そぉで何より~~~♪
いつこちらに来られるのかと首を長~~~くして待ってます(笑)
その分、姫とお話しさせて頂いてますけど。

目の前の今日すべき事を一つずつこなして行けば答えは自然にでてくる。
なんか胸にスト~~ンと落ちました。
ありがとぉぉぉ。

そぉですよね。伯母の入所も悪いことばかりじゃないですよね。
良いことだってありますよね。
そぉ信じて。。。。。
何とかなるよ。ホント何とかなって欲しいですぅ。

ありがとぉございました。
また話聞いてくださいね。
  1. 2009/09/03(木) 10:39:57 |
  2. URL |
  3. ma-sa #-
  4. [ 編集]

他人事ではありません
我が家だって問題ありです
責任感の強い義父にかなり痴呆の進んだ義母
私が仕事を辞めて実家に入れば良いのかなぁ

両親を見てると自分の未来がこうなるようでとっても不安

みんなで話し合ってこれと決めたなら
それが最良だと信じることが大切なんじゃないかな?

介護は自分ひとりでと抱え込まない事が大切って言うじゃない
少しでも心に余裕を持っておばさんやお母さんに接することのほうが大事だと思うよ
  1. 2009/09/04(金) 21:04:51 |
  2. URL |
  3. ゆんゆん #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし


ゆんゆんさん

こんにちは~
そぉよね。ゆんゆんさん家も大変だよね~
えっ?仕事やめてご実家に来る??フフフ大歓迎よ~~(爆)

冗談はさておいて。
そぉよね。みんなで決めたことだから、クヨクヨしても始まらないよね。
精一杯のことしてるもんね。

うん。確かに心に余裕を持って、大らかに対応したほうが良い。
気持ち焦っても良い風には転ばないもんね。
後50年もある人生でもないんだから、今を大事にしてあげたらそれでいいよね~

ありがとぉ。また話聞いてね♪
  1. 2009/09/05(土) 16:24:19 |
  2. URL |
  3. ma-sa #-
  4. [ 編集]

難しいっ!

ni-niちゃんのことがちょっと一件落着(といっても、これからがまた大変やけど)したと思ったら、今度は、、、
うちは、亡両親を、諸事情で施設に入れるっちゅうことを考えなかったし、あれだけほんまに大変やったけど、それでも「もっとやってあげればよかった」「いや、充分やった」って思いが行ったり来たり、、、、、

伯母さんのことももちろん心配やけど、
私の母の例から言うと(前にも言うたと思うけど)、お義母様、入院中にどうか頭の方が弱られないようにね。
なかなか難しいけど、「明るい入院生活」を送らせてあげて~~。
母は、暗~~い入院生活やったから、あの期間に急にボケて、、、

親の衰える様子を見ると、自分の将来のこと考えてしまうやろ~~?
私なんて、娘がいいひんし、将来どうなるんやろ~~って、めっちゃ悲観的になるもん。
  1. 2009/09/05(土) 17:09:22 |
  2. URL |
  3. サイママ #-
  4. [ 編集]

サイママさん

遅くなってごめんなさいっ
サイママさん家はもっと大変やったよね~
私なんかまだまだ楽チンやと思ってるねん。

ba-baは昨日機嫌良く(?!)入院しはったわ。
たださ~~しっかりして見えるから
ba-baが話半分しか聞けてないって誰も気付かへんちゃうか~って思うねん。
今は6人部屋で、同じくらいのおばぁさん方と一緒やし、
同じ病気の人ばっかりみたいで、気ぃよ~してはるんやけどね。
入院自体は一週間て短いし、、、
問題は帰って来はってからかも、、、
帰ってからはお日様に当たらないよぉに、
家の中にいてもカーテン閉めて蟄居してなあかんらしい。
暗~~い部屋に一人。この方が問題やんなぁ(涙)

いやいやサイママさん。
女の子居てても近くに居てくれるとは限らへんねから一緒で~~

  1. 2009/09/08(火) 10:27:16 |
  2. URL |
  3. ma-sa #x9c5GV3o
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jyolly.blog15.fc2.com/tb.php/507-89c0f263
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。