Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ご無沙汰していました


あっと言う間にお正月も終わり、成人式も終わり~
長らくほったらかしにしていてすみません。

この間、覗きに来てくださった方々。
ありがとぉございました。


本年もこんなゆる~~~~いペースになると思いますがよろしくお願いします。




さてさて、昨日1月18日は、Jyollyの祥月命日です。

月日の経つのは早いもので、もぉ3年。



けど、私の中のJyollyに申し訳ないと言う思い。

これは癒えてはいません。
勿論、感謝も一杯です。

でも、この思いは癒えてはいけない思いなんだとも思います。


たった4歳でこの世を去らなくてはいけなかったJyolly。

もっと早くに気付いてやれたら、、、
もっと早くに大きな病院へ連れて行ってやっていたら、、、
アタシがお医者さんの言葉にびびらなければ、、、

悔しい後悔が溢れます。


お骨をなぜて話しかけても、謝っても取り戻せるものではない。
亡くなるって無くなる、消えるんです。
怖い、、、、、、、、あの時初めて怖いと思った。

思い出しても身の毛がよだつ。


絶対忘れない。あの思いとこの後悔。

賢かったJyolly。
可愛かったJyolly。


今、家の中で大きな顔して寝てる翔を見ると。



ジョンちゃんは1番可愛い子犬の時をお外で暮らしてたなぁ。とか。

ジョンちゃんがお家の中で一切お漏らしをしなかったから
翔が家の中で居てられるねんなぁとか。


翔の一挙主一頭側をみてJyollyと比べてしまいます。
比べると言っても、ジョンちゃんはこんな事しなかったのに、、みたいな比べ方はしません。
どちらも可愛い我が子です。

そぉじゃなく、環境の違いというか。
待遇の違いというか。


何に付けやっぱりJyollyより翔の方が恵まれてる。

人間の子育てと一緒で、こちらに慣れと余裕があるってことなんでしょうね。



Jyollyは今、どぉしてるんだろぉ。
何処にいるんだろぉ。
出来ることならもぉ一度Jyollyのフワフワの毛に顔を埋めたい
スポンサーサイト

  1. 2011/01/19(水) 12:12:32|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<興味あり | ホーム | またまた雪の話>>

コメント

こちらでは久しぶりだねぇ。(私もUpしてきた(笑))

ゴメンねぇ、Jyolly君の命日失念していてm(_ _)m

あの時の事、私も覚えている。
後悔の気持ち、なかなか薄れないんだね。
私は側にいなくて何も出来なかったけど、ma-saさん、精一杯してあげたと思うな。
虹の向こうに行くまでのこと、全部読んだけど、私なら、我が家なら出来たかな?って思うもの。

Jyolly君、お家の中で、そそうしたことなかったんだぁ。
羨ますぃ。


Jyolly君の頃と、翔君のいる現在とじゃ、お子様たちも成長して、色々手助けしてくれてるんじゃない?
その分、我々も齢を重ねた訳だが(苦笑)

ワンコも色々、個性あるよねぇ。
それに、色々変わっていくしね。
それを見ているのが楽しいんだわ。

  1. 2011/01/21(金) 17:17:54 |
  2. URL |
  3. トトママ #-
  4. [ 編集]

トトママさん

全然更新してなかったのに、見に来てくれててありがとぉ。
Jyollyの命日、、、そんなぁ他所のワンコの命日まで覚えてられなくて当たり前やん。
こぉして来てくれてコメント貰えるだけで、Jyollyは幸せやと思うわ。

ホンマ、Jyollyのときより子供達が大きくなってるのも、待遇が良くなってる一因やわ。
それにしてもJyollyは可哀相なことしたわ。
ちゃんと見て無かった私の責任やねん。
だから余計翔はみんなが見てるのかも、、、

うんうん。わんこも色々。
さしずめ自立してたJyollyは我が家のナイト
甘えん坊の翔は我が家のアイドル(爆)
トトちゃんはなに?

トトママさんも更新しはたんやね。
早速見に行くわ~~
  1. 2011/01/24(月) 10:08:40 |
  2. URL |
  3. ma-sa #x9c5GV3o
  4. [ 編集]

そうかー。ma-saさんもわんこ、亡くしてはったのね。
飼う環境でわんこの暮らしってかわるよね。
あたしは生まれ年が一緒で物心がついたときにはすでにいたジャーマンスピッツ。
中学生のころ飼い始めたミックス、そして最後の柴犬です。
で、最初の2匹は外飼い。最後のアホ柴の鼻吉だけお座敷シバでした。
 ちがうね~。お家飼いにすると可愛さが。向こうも常にニンゲンと暮らしているので
こっちの言うことも全部わかってるみたい。
 最初の2匹も可愛がって天寿をまっとうしましたが、
お家飼いにしてやったらよかったな、と思います。
黒柴、凛々しくてかっこいいよね~!(中身は甘えたですか?)
 
  1. 2011/02/07(月) 17:11:44 |
  2. URL |
  3. おば関 #-
  4. [ 編集]

おば関さん

来てくれはってありがとぉございます。
そぉなんですよぉ。
Jyollyは4歳で亡くした私の次男です。
あっ長男は人間(爆)

Jyollyは、柴犬らしい子でねぇ。
1歳になるちょっと前に、お家飼にしたんです。
一番可愛い幼少期をお外で飼ってたから、残念でなりませんでした。
それでも賢くてねぇ。
最後まで、お漏らしすることなく、
どんなにしんどくても窓まで行って外に出して~~
ってアピールして、トイレ済ませたらお家の中に帰って来てました。

体調が悪かったのに気づいてやれなくて、気づいたときには手遅れやったんやと思います。
この辺りのことは良かったら2007年の12月から1月18日までの記事を読んでくださいませ。

そんなやから、翔への思いは家族みんな並々ならぬものがあります。
一身にみんなの愛情を受けて、これでもか~~~ってくらい甘えん坊の柴犬です。
獣医さんも「柴犬飼いたい人が、翔ちゃん見て飼える思わはったら困るなぁ」
って言われるくらいフレンドリーで甘えん坊。
ワンコによってこんなにも性格が違うんや~と思える二人(匹)です。

そぉそぉ私も物心着いたときから、ワンコと生活。
翔で5代目です。
でも長生きできたのは、結婚前に飼ってたヨークシャテリアだけです(涙)

おば関さんももぉ一回柴犬、いかがですか?
  1. 2011/02/08(火) 13:59:34 |
  2. URL |
  3. ma-sa #x9c5GV3o
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jyolly.blog15.fc2.com/tb.php/587-70831fb5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。