Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

命日


4年前の今日この時間、Jyollyは逝きました。



気づいたときに適切な処置をしてやれてたら
もっと生きながらえていたであろうJyolly

愚かな私の行為がJyollyを死なせたという思いは今も消えません。



祈るような気持ちで迎えた朝。
病院からの電話に、泣きながら運転して行った病院。
真っ白なタオルを掛けられて眠っていたJyolly。





写真が嫌いだったJyolly

私がワンコと一緒に桜の下を散歩したいと迎えた初めてのワンコ。


jyolly_20120117145635.jpg



春。桜の下でいっぱい写真撮ったけど、
ジョンちゃん。まともにこっち向いてるのってほとんどないやんっ


夏。毎年キャンプに行ったよねぇ。
お水が嫌いで大騒ぎしてたよねぇ。


秋。紅葉の写真も沢山撮ったけど、、、
どれもこれもいまいち。


冬。雪も大好きで、食べながら飛び跳ねてた。





あんなに元気で可愛かったJyollyは、
たった4年で生涯を閉じました。



ジョンちゃん。あんたの可愛かった姿を残すには
ママの腕は全然足りてないし、年数も足りてないわ。


うちの子にならなかったら、もっと長生きできたのかなぁ。
私があの時ちゃんと違う病院へ連れて行ってたら結果は違ったのかなぁ。


思いはいつも堂々巡り。






Jyollyのお蔭で、翔に対する用心深さは尋常じゃないかもしれない。

Jyollyのお蔭で、翔はみんなに愛されのびのび過ごしてる。


0118-1.jpg



そんな翔がJyollyの逝った4歳を迎えました。


正直言って怖いです。
この一年。無事に超すことができるだろぉか。





ジョンちゃん4年で逝かせてごめんね。
本当に本当にごめんね。
虹の橋の向こうにはお友達がたくさんいる?
しんどいことない?痛いとこない?
ママは今も、前よりもっとジョンちゃんが大好き。


あの時もジョンちゃんのこと大好きだったけど、
もっともっと大好きなら長生きさせてやれたのかなぁ。



ジョンちゃん。あんたにしてしもた失敗は絶対繰り返さへんから
ジョンちゃんもお空から翔のこと守ってやってね。
お願いよ。ジョンちゃん。



スポンサーサイト

  1. 2012/01/18(水) 10:54:12|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<< | ホーム | 4歳になりました>>

コメント

あかん、読んでいて涙出てきた。
今、仕事中だっていうのに(苦笑)

あっちの日記も読んできたよ。

もぅ4年。
まだ4年。

どう捉えるかは個々次第だけど、私はあの時はma-saさんは懸命に出来るだけのことしたと思っているよ。
色んな事があったものね。
Jyolly君は頑張ったよ。

ワンコの寿命は人間より短いから、その短い一生の間、どうやって
一緒に過ごせるか・・・
出来るだけ、悔いが残らないようにしたいと思っている。
特に、昨年のあの地震以降、避難所だとか、非常持ち出しのこととか色々。
我が家は叔母の足のこともあるから、とても難しい問題でもある。
私が一緒にいれば何とかできるかもだけど、
普段は仕事に出ているから、その時はどうなるかが心配。

おっと、Jyolly君のこと書こうと思ったのに、我が家のこと書いてしもうた(笑)

翔クンは、甘えっ子になっちゃうかなぁ~
でも、トトほどじゃないと思うわ。
アイツは甘えっ子でワガママっ子。
でもちゃんとこちらを気遣いしてくれる・・・コトもある。
まぁ、オレ様ですわ。
  1. 2012/01/18(水) 11:35:29 |
  2. URL |
  3. トトママ #-
  4. [ 編集]

赤柴でもみんな顔が違うけど(当たり前!)黒柴は
いっそう違いがわかりやすいね。
jyollyちゃんはキリっとした男前やね。
翔ちゃんは、これはもう、誰が見てもベタベタに甘えさせてもらって・・・・
ちょっとは「日本犬らしい精悍さ」を見せてくれ!
あー、ウチのんもなかったけど。

病気で亡くすのはつらいやろなぁ。
ウチは老衰やったから、
「これは自然なこと。これでこの子の一生は完結したんや。」と思えた。
それでも泣いたけど。
おいおい、自分の父親が亡くなったときにも泣いてやれよ。(泣かんかった)
きっと虹の橋のたもとで待っていてくれはるって。ウチのもいるかなぁ。
あ、jyollyちゃん、背中にポチっと白い点がある(ほんで、35000円と安かった。
ほかの兄弟は5万円やったのに・・・)巨柴がいたらそれがウチの鼻吉です。
よろしゅうに遊んでやってね。ちょっとアンポンタンやし。

アタシはボケがきたあとの介護が大変だったのと、
新しいのを迎えたら、鼻吉と比べてしまうんやないか、と
それが心配で飼えへんかった、というのもある。

あまりに溺愛してたので、「鼻吉はこんなことせぇへんかった。」
とか「あのコはもっとようわかってた。」とか。
そんなふうに比べたら、新しいのんが可哀そうや、と思て。
ma-saちゃんもつらい思いをしはったけど、そのぶん翔ちゃんを
可愛がってあげてるし、jyollyちゃんも喜んだはると思うわ。
  1. 2012/01/18(水) 11:38:15 |
  2. URL |
  3. おば関 #9XFUdL8.
  4. [ 編集]

トトママさん

仕事中に泣かせてごめんやでぇ
アタシも泣きながら書いたけど(苦笑)

トトママさんはあの頃の私をずっと見ててくれたもんねぇ。
私、一生懸命やったけど、間違えてた思うねん。
お医者さんの「飼い主さん次第で治ります。絶対安静です」
っていうお医者さんの言葉を鵜呑みにしてホンマにお間抜けな話やわ。
あん時すぐに設備の整った大きな病院へ連れて行ってたら
助からなかったとしても、諦めはついたかも、、、なんて思うのよ。

トトママさんところは伯母様も足がわるいもんねぇ。
ソレッってすぐに逃げることは難しいかもねぇ。
我が家は、アタシは翔を連れて車に行くから、
他の家族はばぁさん連れて避難所へ行ってって言うてあるねん。
子供らからはそんなんずるいぃぃって言われてるけど(笑)
けどさぁ。避難所かってワンコ受け入れてくれるかどぉか分からへんもんねぇ。
今後の大きな課題やと思うわぁ。

トトちゃんも甘えん坊さんやね。
翔も筋金いり。
そぉしたのは、アタシら家族やねんけどさ。
ジョンちゃんの後では仕方ないわぁ(爆)
  1. 2012/01/18(水) 16:04:48 |
  2. URL |
  3. ma-sa #x9c5GV3o
  4. [ 編集]

おば関さん

遅ぉなってごめんなさいっ

黒柴はお胸の模様もその子その子で違うねん。
綺麗なリボンが一番ええらしい。
Jyollyは性格も柴ワンコで、翔みたいに誰にでも愛想よしと違ってん。
道行く人には知らんふりやったし、喧嘩は買ってたけど売らない。
飼い主命!!!!!そんな子やったん。

いくら遺伝的な問題でしょうって言われたって納得できるもんと違った。
悪性リンパ腫。4歳のイケイケ男子が掛かる病気と違うやん。
けど、掛かってしもぉてん。それも触ったくらいでは分からない、お腹の中に。
前にも言うたかもしれんけど、私さぁ、毎晩歯磨きのとき体中触って異常ないかってみててんで。
そやのに気づいてやれへんかった。
それもさぁ。お医者さんの言葉鵜呑みにして大きい病院も連れて行かなかってん。

Jyollyはめっさいい子やったから、きっと翔を迎えて元気にしてる私を喜んでくれてると思う。
けど、私は私が許せへんねん。私がもっとちゃんとしてたら死なせることなかったと思うからね。

Jyollyたくさんお友達が居て楽しいなぁ。
鼻吉くん、Jyollyとも遊んでやってねぇ。
黒柴の割には色白やしすぐわかると思うわ。
  1. 2012/01/19(木) 15:29:43 |
  2. URL |
  3. ma-sa #x9c5GV3o
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jyolly.blog15.fc2.com/tb.php/624-e8eef206
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。