Jyollyとma-saと翔の季節

黒柴Jyollyと家族との毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

花の都パリ~4日目続き~

楽しかったノルマンディー地方を抜けて

今回はいよいよモン・サン・ミシェルのお話。


ガイドブックには、海だからパリ市内よりずっと寒い。
ダウンコートなど暖かい格好で訪れようって書いてありました。



が、モン・サン・ミシェルに近づくに連れていいお天気に。

こんなにくっきり晴れたのは、この旅行初です。




11-15-10.jpg

この写真前回の最後に載せてたんですが、
この写真の左下。
遠くにモン・サン・ミシェルが見えます。



モン・サン・ミシェルのある島は、ノルマンディー地方南部・ブルターニュとの境に近い
サン・マロ湾はヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい所として知られています。
潮の満ち引きの差は15メートル以上あるそぉで、
最も大きい潮が押し寄せるのは満月と新月の28-36時間後といわれていて、
引き潮により沖合い18kmまで引いた潮が、猛烈な速度で押し寄せるそぉです。

1877年に対岸との間に地続きの道路が作られ、潮の干満に関係なく島へと渡れるようになったけど、
これのせぇで潮流をせき止めることとなり、100年間で2mもの砂が堆積してしまって、
島の間際まで潮がくることは滅多になくなったので、
今は新たな橋をかける工事が行われていました。(ガイドブック抜粋 他)




で、この島はもともとモン・トンブ(墓の山)と呼ばれ先住民のケルト人が信仰する聖地でした。
708年、アヴランシュ司教オベールが夢のなかで大天使ミカエルから
「この岩山に聖堂を建てよ」とのお告げを受けたましたが、悪魔の悪戯だと思い信じませんでした。
再び同じ夢を見ましたが、また信じませんでした。
ついに3度目には大天使はしびれを切らし、今度はオベールの額に指を触れて強く命じたところ、
オベールは稲妻が脳天を走る夢を見たそぉです。
翌朝、オベールは自分の頭に手を置くと脳天に穴が開いていることに気づいて愕然として、
大天使ミカエルのお告げが本物であると確信してここに礼拝堂を作ったのが始まりとされています。



2012年5月から、2.5km手前で車を折り、シャトルバスもしくは馬車で向かうことになったそぉです。




11-15-11.jpg


こんなバスに乗ります。

ある程度時間は決まってるみたいですが、時間になってなくても
お客さんがそこそこ集まったら出発するみたいです。




バスを降りたら、、、、、


P1000915-1.jpg


P1000918-1.jpg


こんな風景を目にしました。



すっ凄い!!!!!

写真ではあの感動がお伝えできない。
しかもアタシの下手っちな写真ではねぇ(涙)


ほんでパリより暖かいやん。
お日様の力ってすごいのねぇ。


11-15-14.jpg


仲良し夫婦風(笑)





ガイドさんが途中まで一緒に行ってくれます。

勿論別行動もできます。が、我が家はひょこひょこ着いていきました。



ささ、中に入っていきますよぉ


11-15-13.jpg



上段、真ん中の写真は「王の門」撥ね上げ式の門です。
100年戦争のときイギリス人が攻めてきたときに、扉を閉めるため作られそぉです。


上段、右端。そのときイギリス人が置いていった大砲。


下段、左端。王の門裏側から見たところ。




王の門を入ると、お土産物屋さんやレストラン、ホテルが並びます。


11-15-15.jpg



ここの看板が可愛くて。沢山撮ってしまった。




写真左の細長い階段。

幅60cm。修道院へ行くのに、この道を通っていくがお勧めですってガイドさん。
もちろん正規の行きかたで行ってもいいですよぉって



この前を通り過ぎて、

晩御飯のお店も案内して貰いました。

このコース。晩御飯付いてないんですが、
この季節になると長期冬休みに入ってるところもあって、晩御飯にありつけないかも~~って言われて
ガイドさんお勧めのお店で食べることにしました。



ここで、ガイドさんとはお別れ。
後はご自由にどぉぞぉ。って。




島内にある教会


11-15-16.jpg


左上の女性像は「ジャンヌダルク」です。
小さいけど落ち着いた教会でした。


ココから、あの細い道目指して引き返しました。

細い道を抜けると、、、

11-15-17.jpg


上段の真ん中の風景が飛び込んできました。

ほぉぉって言いながら登っていきます。

下段は眼下に広がる景色。海が見えますよぉ。
左下のお墓は、名物のオムレツを発明した女性のお墓。(名前は忘れた)



11-15-20.jpg

逆光やけど、お気に入りの一枚。



11-15-18.jpg


上段左側の丸いトンネル風の門を抜けると入り口です。



11-15-21.jpg



上段の石畳に何か書いてあるのは、ここを建てられた職人さんの名前や屋号やサインらしいです。
アタシ、こぉいうの好きなんですぅ。

ほんまにこれ作った人がいはるんやって実感できるような。


同じような写真ですみません。
あんまり綺麗で感動したもので(苦笑)


11-15-22.jpg





11-15-23.jpg





11-15-23_20121129155529.jpg




そろそろ夕暮れです。


水平線に夕日が沈むのを見に行きました。


スライドショーにしてみたので見てみてください。

anigif.gif



力不足が悲しい。
ほんまに綺麗やったんですよぉ。





ささっご飯ご飯。。。。。。。写真忘れた(爆)


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ココの名物はオムレツです。
先ほどお墓の写真のせました。
何とか卵焼きをボリュームのあるメニューにできないかと考案されたのが、ここのオムレツです。
卵黄と卵白に分けて卵白をフワフワにあわ立ててボリュームをだしてはります。

バスの中で、「名物に上手いものなしといいますが、ここのオムレツはほんまに大したことないです。
期待しないでください。言えばケッチャップやマヨネーズやマスタードも出てきますから」って
「ぐぅぅぅぅっとハードルさげておきますね」って言われた(笑)

元からオムレツが苦手なアタシ。
ムール貝の蒸し物を頂きました。


ガイドさんがハードルを下げといてくれはったけど、、、もっと下げといてほしかった。
ケッチャップほしい人とか言わはったら、主人は空かさず手を上げてはった。


ほんでね。卵白あわ立てて膨らましてはるけど、冷めたらシュルシュルシュル~~としぼみます(笑)



お腹も一杯になったら、夜になってました。

11-15-24.jpg



感動って言葉だけでは足りないわ。

モンサンミシェルは時間によって表情を変えて、アタシ達をもてなしてくれました。

機会があればまた行きたいところでした。



11-15-25.jpg
スポンサーサイト

  1. 2012/11/29(木) 23:18:25|
  2. Jyollyの日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<花の都パリ~5日目~ | ホーム | 花の都パリ~4日目~>>

コメント

普通、頭に穴が空いていたら死ぬでぇ~と冷静な突っ込み入れたい(爆)
まぁ、逸話だし、宗教のお話だし。

あ~~~~こがれのモン・サン・ミシェル。
行きたかったなぁ。
ma-saさんの写真で堪能してます。
風景もええやん。
写真バッチリ。時間の経過も分かるようスライドするなんてGJ!
私出来ないもん。

オムレツの話、以前「ふしぎ発見」で取り上げていたな。
「美味しくない」とは口が裂けても言えないだろう。

石畳のサイン、エジプトのピラミッド内の作業員の人のいたずら書き(?)と同じだねぇ。

ヨーロッパの田舎の看板っていいよね。
私も好きで、ドイツの方行った時沢山撮ってきた。
昔、文盲率が高かったから、看板でどんなお店か分かるようにしたというけど、中には分かり難いのも有ったりしてね。

又、続き待ってるよ。
  1. 2012/11/30(金) 16:47:11 |
  2. URL |
  3. トトママ #-
  4. [ 編集]

やっぱりいいなぁぁ、モンサンミッシェル!
歴史のある建造物も、海の風景も最高だわ~
アタシにはまず縁の無いところだけど、もしフランスに行くことがあったら
このモンサンミッシェルだけに滞在したいくらい素敵!

シツレイながらma-saちゃんって、こんなに写真が上手だっけ!?ってうなったわ。
素晴らしい写真がい~っぱい並んでるぅ!!!
カメラ新しくしてよかったねぇ・・え? カメラじゃなくて腕?
堪能させていただきました・・・頭が自然に下がるわぁ、ありがと。
  1. 2012/12/01(土) 19:38:59 |
  2. URL |
  3. すもも母 #amXlFcx2
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

トトママさん

はい。勿論アタシは声に出して突っ込んだよ「死んでるやん」ってね。
ほんま逸話や言うたってええ加減にもほどがある。
まぁキリスト教自体が、蘇りの宗教やからええんかも。

トトママさんモン・サン・ミシェルは飛ばしたのね?
ここ入れると確実に1日は必要やもんね。
スライドショーも見てくれてありがとぉ。
ここだけで、物凄い量の写真撮ってきたもんでさぁ。
ボツにするのもったいなくて(爆)
楽しんでもらえて良かったわぁ。
それにトトママさんに写真バッチリって言うて貰えたらめっさ嬉しい。
ありがとぉ。

オムレツ、、、ほんま美味しくないっアタシははっきり言うでぇ。
みんなもはっきり言うて教えてげたほうがええんちゃうか?(苦笑)
それくらいイマイチやったわ。

そぉやねん。看板。可愛いよねぇ。
そぉかぁ、読めない人のためやったんか。
きっとお商売によって、模様や絵の決まりがあったんやろねぇ。
  1. 2012/12/04(火) 15:04:13 |
  2. URL |
  3. ma-sa #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

すもも母さん

えぇぇぇぇ母ちゃんにそんなに褒めてもらえるなんて。
めっさ嬉しいわぁ。
腕、、、は上がってない。
たぶんこの風景とカメラ(爆)

モン・サン・ミシェルはほんまに素敵なところやった。
アタシもまたフランスへ行くことがあったら
絶対行程にいれると思うわ。
何度でも行きたいと思えるところやわ。
  1. 2012/12/04(火) 15:07:22 |
  2. URL |
  3. ma-sa #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jyolly.blog15.fc2.com/tb.php/652-64ca44d6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。